<< 2015年01月06日世界のニュース | main | 2015年01月07日世界のニュース >>

中国でブレイクし始めた一杯のかけそば

昨日午前は第71回世界経済時事教室。
今月から参加費が1.5倍に値上がりになりましたが、
去年と変わらず皆様ご参加いただきありがとうございます。

昨日もお話しましたが、昨年末から中国で「一杯のかけそば」のお話がブレイクしだしているのを知ってますか?

これが2015年の兆しの一つ。

前田マネジメント 2015年の世界3大予測 世界経済編の第2の予測が【中国上海株の暴落と経済混乱】です。

2014年に中国の不動産市場の値上がりが全滅し不動産バブル崩壊が始まっています。
行き先を上海株式市場に変えて、バブルマネーが価格を吊り上げてます。

投資家の半分以上が個人投資家の信用買いでいつはじけてもおかしくない環境。

日本のバブル崩壊が始まった1989年に流行した「一杯の掛けそば」が2014年末から中国でブームになりだしてきています。この現象は日本で株バブルがピークアウトした1989年と同じです。

中国の大型連休で資金繰りが逼迫する2月、10月の前後は要注意でしょう。
中国の上海銀行間取引金利は2週間もの金利が年末の倍に跳ね上がっています。かなり異常。
ヘッジファンドの決算売りの関係で4月末から5月、10月末も重なり要注意。

10月は特に怖いかも。

一方で中国経済はネット型へと大きく変貌しています。中国は世界最大のネット人口国になっており商売も店舗型からネット型へドンドン移ってます。?

at 11:36, 前田紳詞, 国際情勢

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://maeda.m-lm.biz/trackback/1510